toggle
2019-10-11

【保育者のための実践セミナー】講座のご紹介その2

「子どもが日々の暮らしの中で『何を感じているか』という視点から保育を考える」というテーマで、実践セミナーを行います。

二つ目の講座のテーマは、「子ども」のこと、もっとわかりたい!-遊んで感じて語って、そして考える営みの中で-。

講師はお茶の水女子大学教授 文京区立お茶の水女子大学こども園園長 宮里暁美先生にお願いしました。

子どものこと、もっとわかりたい!
子どものことがわかったら、保育がもっと変わりそう。
そんなふうに思うことはありませんか。

宮里先生のアプローチは、いつも奇想天外でとてもユニーク。
何かを介して、語り合ううちに、自分の中にめきめきとアイデアが浮かんでくるから不思議です。

「物とのかかわり」という視点から、私たち自身が遊び、感じ、語って、子どものことを考えてみましょう。

 

お申込み、詳細はこちら↓

https://hoiku-design.peatix.com/

画像をクリックすると詳細が開きます(pdfファイル) ↓