toggle

《on-line研修》よくある質問

on-line研修に関する、よくある質問をまとめました。

園内研修の時間がなかなかとれない。他の園ではどうやっていますか。

    会員様から、「職員会議の時間の使い方を見直し、職員会議の後に30分時間を作りました」「全員で揃うのは年に3回ぐらい。後は、クラス別等で3~4人で視聴しています」 「園としてみんなで共有したい内容は、園内研修の形で勤務時間内に受講し、それぞれのスキルアップのためにはスマートフォンなどで個人で受講しています」と言うお声を頂いております。

ワークが上手に進められるか心配。

    ワークに1つの正解があるわけではありません。みんなで自由に意見交換することが一番大切です。また、講師がワークの導入とワーク後の解説を丁寧に行っていますので、ご安心ください。園の研修担当者は、必要なものを準備したり、ファシリテーターとして時間の管理等をしていただければ大丈夫です。マネジメント分野に「園内研修の進め方」「園内研修のファシリテーション」の講座もございます。ぜひ、ご覧ください。

キャリアアップ研修を受講するのがとても大変です。この研修は「保育士等キャリアアップ研修」にはならないのでしょうか?

    2019年6月より、国ではキャリアアップ研修をe-ラーニングや園内研修の形で行うことが認められるようになり、こちらのサイトもキャリアアップ研修に対応できる内容になっています。但し、e-ラーニングを使用するかどうかは各都道府県の判断になりますので、各都道府県にお尋ねください。(一部の都道府県ではe-ラーニングによるキャリアアップ研修が開始される予定です)

質問したいとき、どうすればよいのだろう。

    講師にわかりやすい講座づくりに気を配っていただいていること、わかりにくかった部分は何度でも受講しなおせること等から、「当初思っていたほど、心配はなかった」という声を頂いています。尚、それぞれの研修後の進め方等についてのアドバイスが欲しい方は安心サポートコースをお勧めします。

視聴をしていると動画が止まってしまうことがある。

    通信環境によってはその様なことが起こる場合もございます。パソコンの場合の推奨環境はADSL、CATV(ケーブル)、光回線などの高速回線 (推奨:5Mbps以上、必須:3Mbps以上)です。※ISDN、データ通信カードなどは動作保証外です。スマートフォン等の場合もWi-Fiルーターによって異なります。

やはり、集合研修の方がよいと思う。

    確かに集合研修で直に講師の話を聞くことにはかなわない点はあると思います。外部の集合研修とon-lineによる園内研修を組み合わせることで、より効果的な人材育成ができると思います。また、サイト内の講座の講師が参加する会員の皆様のためのセミナーを実施していますので、ぜひご参加ください。

よい内容の講座がたくさんあり、どれから受講したらよいか迷ってしまう。

    講座数が2020年4月には200を超える予定で、こういったご質問が増えています。 年度初めに1年の研修計画を立てることをお勧めします。自分たちの課題はどこか等を相談しながら計画を立ててみましょう。体系だっていますので、「研修ライブラリー」として、「ひやっとしたことがあった」「保護者との関係性が難しくて・・」等、「今これが知りたい」という研修もきっと見つけていただくことができます。ご活用ください。また、「こんな施設にはこれらの講座がお勧め」というコースを作成予定です。

年度明けには在職者と新職員が混在することになりますが、どのように進めたらよいですか。

    新規採用者への研修としては「保育の基本」等を、在職者はテーマ別に研修をピックアップしてそれぞれに進め、園内で共有事項として観たいものは全員で観るということができます。

各自のIDの受講歴は、所属園が変わっても有効ですか?

    はい。法人内の異動や転職があっても、新しい園で継続して使えます。新しい園が園会員になっていない場合は、個人会員として登録していただければ、お使いいただけます。詳しくはお問合せください。

振り返りシートは、どう使うと有効ですか?

    講座で学んだことをそのままにせず、自分たちの保育を半歩でもよくしていくために活用してください。自分の保育の課題と「こうしていきたい」を記し、その後、改善できたかどうかを確認しましょう。少し手間がかかりますが、「わかる→かわる」のためにとても大事なことだと考えています。

研修担当になりましたが、大変そう。事前に何をしておけばいいでしょうか。

    必要な時間やネット、デバイスの環境を整え、円滑に進むようにしましょう。また、レジュメの印刷やワークに必要なものを準備しておきましょう。事前にレジュメに目を通しておき、ワークがどのような内容かを把握しておくと安心です。

on-line研修トップへ