toggle
2019-03-18

桜について話す(3歳6ヶ月)

2018年3月

「さくらがさいているよ!」

「はなびらもおちているよ」

「わぁ〜、さくらのトンネルだー!」

「いいにおい、するかなぁ」

毎年同じ桜の木の下を通っているのですが、こんなにもいろいろと話すようになっていることに驚きます。

この3月は保育園で、桜を何度も見に行ったようです。
たくさん遊んで、味わったんでしょうね。

(川辺)

桜は特別な樹だと思います。

3月から4月という、変わり目の時に咲くこと。

一気に満開になり、圧倒的な印象をもたらすこと。

暖かな昼の日差しの下の桜もいいけれど、夜空に浮かび上がる桜は幻想的でステキなこと。

桜の樹には、精霊が宿っていると言われていること。

もしかしたら、和くんには精霊が見えているのかもしれません。

(宮里)