toggle

スタッフ&ネットワーク

スタッフ

瀬木 葉子

代表取締役

ご挨拶

「子どもも大人も自分らしく輝いていける社会」をめざし、保育の質の向上と量の拡大の両立を実現してきました。たくさんの課題・悩みもありましたが、多くの方と出会い、助けられ、共に考え、学ばせて頂きました。同じ思いを持つ仲間と共に、保育に携わる皆さんのお役に立ちたいと思っています。

千葉大学教育学部幼稚園課程卒業。大手保育事業会社設立時に入社。事業拡大、保育運営等に携わり東証一部に上場。取締役事業部長、研究所所長等を歴任。2016年同社退任。同年1月当社設立。

■当社研究員

様々な資格や経験を活かしてサポートいたします。

・臨床発達心理士
・保育運営スーパーバイザー
・遊びアドバイザー
・保育フォトグラファー
・教材室収納アドバイザー

ネットワーク

充実したサポートのための研究者や専門家、園長経験者等のネットワークです。

■ 例えば

◎こども環境管理士

子どもたちが自然に関心を持ち、五感を育み、科学への関心につなげていけるような研修やアドバイスをいたします。

◎保育カウンセラー・コミュニケーションスキルトレーナー

人間関係のトラブルは、良好な組織運営の大きな障害となります。防止のための研修や解決のための相談により、風通しの良い園を作りましょう。

◎アトリエリスタ(アートの専門家)

芸術と探求を通した活動が、子どもたちの個性と協調性を育むことが海外の保育事例より見直されています。造形表現の新しい可能性の見直しや研修、ポートフォリオやドキュメンテーションなど、子どもたちの活動のプロセスの見える化のアドバイスをいたします。

fumikoito_work2

〈レッジョ・エミリア アプローチ〉

fumikoito_work1

〈光のアトリエ〉

◎保育環境(園庭・園内)改造アドバイザー

保育環境整備は、ひとづくりの手段・過程の一部であって、目的ではありません。常に子どもの姿と向き合いながら園内研修を重ね、時には保育者や保護者、地域のみなさんと一緒になって整備をし、その物語をともに創っていく営みです。

(園庭の改造例)
service_3_4
〈ビフォー〉
   
service_3_5
〈アフター〉
※写真協力:幼保連携型認定こども園せいめいのもり(札幌市)
◎デザイナー

園の個性や哲学を、統一感のあるデザインやビジュアルで表現することで、園のイメージづくりと広報活動につながります。ロゴマークからパンフレット、ウェブサイトまでを、一貫して制作するデザインの専門家をご紹介いたします。

04

〈パンフレット〉

designer_3

〈名刺〉

※参考例:文京区立お茶の水女子大学こども園