toggle
2018-10-09

和のしわざ(3歳1ヶ月)

2017年11月

ご飯を作っていたら、1人嬉しそうな和の声。

何かが起きている……と思ってはいたけれど、やはりその何かは起きていました。

奥で姉は、その何かを気にすることなく、図鑑を読みふけっていました。

そして、顔を上げてひと言。

「これ、和がやったでしょー」

そりゃあ、そうでしょ!!

(川辺)

C0078EFF-4289-4550-86DC-2E4AFF2E5EB5

 

混沌と静寂が、至近距離にある。

景色にそれらが映りこみ、シュールな印象を際立たせている。

これが日常なんだね。

発散と集中、と対比させようと思ったけれど、

和くんのバラバラ事件も、一種の集中だろうと思い直した。

つまり

集中と集中。

(宮里)