toggle
2017-12-05

【書籍の紹介】『忙しい保育者のための仕事術・時間術38の鉄則』

皆さんにお薦めしたい一冊をご紹介します。

「忙しい保育者のための仕事術・時間術 38の鉄則」黎明書房

この本は、忙しい保育者が、日常業務を効率よくこなし、時間的余裕を生み出し、自己を高め子どもたちに力を注げるように願い作られています。

弊社研究員 川辺も、取材協力し、いくつか提案しています。

B40E06F4-DE56-48F2-9B2A-0A64C7D0B45C

ページをめくると、「楽々時間術」「楽々記録術」をはじめとして様々な術が載っており、更には、「保育力」「人間力」アップの術までも・・・。

読み進めながら思い出したことがあります。

以前、職場に新しいゴムボールが届いた時のこと。空気入れでふくらませてから使うタイプだったので、私は「ヤレヤレ。時間ができたら(残業して)空気を入れとこう。ふ〜(ため息)」と思いました。

しかし、同僚の保育士は、翌日の午前、
子ども達の前にぺちゃんこボールを並べ、ニコニコとこう言ったのです。

「みんな〜!新しいボールが沢山届いたよ。でも、ぺちゃんこなの。どうしたらいいと思う?!」

そうきたか! と目からウロコの私。

その後の展開は、たぶん皆さんの想像通り。(当時、アクティブラーニングという言葉はあまり聞かなかったけれど、まさにそれ!)

9A13AA3A-4C78-4E65-9181-64495694B56B

私達保育士には、サービス精神旺盛なタイプが多いらしい。だから、保育もがんばる!雑務もがんばる!書類もがんばる!子育て支援も忘れない!で、自分の時間を削ってる人も多いのでは…?

あれもこれもやらなきゃ〜と思うけど、時間は限られており、課題は山積み。

この本から得た術を活かし、私達の保育ライフをもっと楽しくしていきませんか!

(高城)