toggle
2017-03-11

「いない、いな〜い」バージョンアップ編(1歳9ヶ月)

いや、見えているんですけれど、周りの反応が楽しすぎて、こんな顔になっちゃっています。

どこまでできるか、あちこちつまんだり、引っ張ったり。

皮がのびても、すぐに戻るのは若いからかしら。

いっしょにやるべきではない!? と一瞬迷った私です。

(川辺)

 

IMG_4247

 

いない、いないバァーほど、カワイイ遊びはない。
見える見えないがテーマとなって
誰でも一度はそれをして遊ぶ。
赤ちゃんに「いない、いないバァー」と優しくやれば、キャキャッと笑う。
それが嬉しくなって、次第に刺激を強くする。
「いない、いない、ブハハァー!」とやれば、赤ちゃんはびっくりして一瞬止まり、そのあと大笑いする。
それがまたうれしくて…。
そんなつながりの中で、人は変な顔をしてみるようになったのではないか、と想像する。

つまり、和くんの変な顔は、そういう具合に体内に埋め込まれた「面白さ」へ向かう行為なのだと、妄想する!

(宮里)