toggle
2016-09-16

下へ(0歳7ヶ月)

姉はパワフルだったけれど、結構慎重派で、痛かったり、怖かったりすると、二度とやらないタイプでした。

でも、和は、痛かろうが、怖かろうが、やりたい気持ちは我慢できない! 座卓の下をくぐり抜けるのだって、頭をぶつけて泣きながらも、挑戦の日々です。

そして、とうとう、ソファから降りる(落ちる)ように!

たまたま転がり落ちたその下の世界には、魅力的なものがいっぱい。手をつく勇気が持てたら、後は勢いあるのみ! 顔面着地でも、満足気です。

(川辺)

img_0797-2

6枚の連続写真がおもしろい。落ちていくという状態を、体で味わう子どもの姿がよく捉えられている。

3枚目までの写真は、そろそろと動いている感じや、体を少しずつ動かしている様子に、和くんの意思のようなものを感じさせられる。

それが、4枚目の写真で一変する。4枚目で和くんは身を投げ出して「落ちていく」のだ。その潔さに感動する。

落ちる・落ちる・落ちる

そんな暮らしの中で、自分が少し大きくなるように願って。

(宮里)